スマートフォンで行政書士資格試験の解答速報をいち早く手に入れる!

スマートフォンで行政書士資格試験の解答速報をいち早く手に入れる!

勉強する人

独学でも合格可能?

独学でも行政書士に合格することは可能だといわれています。ただ、資格学校に通った場合の受験者の行政書士の合格率と比較すると、独学受験者のそれは低いようです。独学では全て自分で合格までの道のりを立てることが難しく、試験日本番まで高いモチベ―ションを保つのが大変であるためです。

スケジュールを明確にすることが大切

独学でも、合格までのスケジュールを明確にして、寄り道せずにやりきることができれば、行政書士に合格することは可能です。特に月ごとのスケジュールや週ごとのスケジュールなど、合格までの計画を小さく見ていくことが大切です。細かく見積もっていくことで、進捗状況が明確になり、短期での目標を立てやすくモチベーションの維持につながるからです。

試験後に解答をすぐに見る方法は?

行政書士の試験後に解答をすぐ見るためには、大手の資格学校が公開している解答速報を参照しましょう。たいてい、試験日当日に解答速報が発表されています。さらに国内の法科大学院のウェブサイトでも行政書士の解答速報をしている場合があります。自宅のパソコンからだけでなく、スマートフォンからのアクセスが可能です。試験後すぐに見ることができ、大変便利です。

行政書士と司法書士の違いって?

書く書類が違う

行政書士は個人や法人から依頼され、官公署に提出する書類の作成をすることです。会社設立時の書類や自動車や相続関連の手続きなど、行政書士が担当する仕事は多様です。それに対して、司法書士は登記業務が基本となります。したがって、不動産や裁判に関わる登記書類を作成します。

試験の難易度が違う

行政書士の試験の難易度は年によってまちまちですが、合格率が20%に達する年があります。それに対して、司法書士の合格率は毎年およそ3.5%程度で、行政書士と比べると難易度が高いといえるでしょう。

書類の提出先が根本的に違う

行政書士は文字通り、「行政」に対して書類を提出します。各省庁や都道府県庁だけでなく、警察署や区役所などにも書類を提出することがあります。それに対して、司法書士は法務局や裁判所に対して書類を提出します。司法書士は登記や簡易裁判所での代理裁判事務などの仕事があるためです。

資格試験に合格した人の嬉しい声!

「人のためになりたい」と思い取得

行政書士は様々な行政の手続きの際に必要になる書類の代行が主な仕事です。行政書士の仕事は煩雑で専門性の高い手続きを依頼者に代わって行うので、「人のために働いている」と感じるには最も適した資格・仕事でしょう。

「専門性を磨きたい」思い受験・取得

行政書士は多岐に渡る書類の作成代行が仕事ですが、多くの場合、行政書士は何かの分野に絞って書類の作成を代行するようになります。例えば、外国人の帰化に関する書類作成などです。行政書士になれば、専門性が身に付き、息の長い仕事を得ることができます。

広告募集中